スミーホフ地区はプラハの住宅街および工業地域で、ショッピングモール、醸造所、工業用建築、映画館がある他、雰囲気の良いレストランやバーが立ち並び、夜も楽しめます。ヴルタヴァ川の西岸に位置し、ビール好きにはたまらないスタロプラメン醸造所もあります。

Layout

アンデルは、プラハ5区スミーホフ地区の中心部にあり、大変人通りが多い場所です。アンデルとはチェコ語で「天使」を意味し、19世紀にU zlatého anděla(黄金の天使)パブが店頭にそびえ立つ天使の彫像にちなんで名付けられたのが由来です。このパブのオープニングに描かれた天使は、建物が取り壊された今もなお、この付近に飾られています。

Area of Andel

Andel Metroアンデルは、主要な交通網の中心地です。プラハの地下鉄Bラインが通り、アンデル駅があります。また、路面電車が東西南北を走っています(ライン4、6、7、9、10、12、14、20)。それ以外は、歩行者ゾーンです。

1990年代後半、再開発の一環として、フランスの建築家ジャン・ヌーヴェルにより、地下鉄駅の上にオフィスビル「黄金の天使(Zlatý Anděl)」が設計されました。そのファザードには、映画「ベルリン・天使の詩」の天使の画像とリルケ書簡からの引用が描かれています。この再開発以降、アンデルは国内外企業のオフィスが立ち並ぶプラハ有数の繁華街となりました。北西部には、プラハ最大級のショッピングモール「ノビースミホフ」があり、その館内には複合型映画館「シネマシティ」などがあります。スミーホフシナゴーグが位置するのもこの地区です。